ヴェネチア散歩

2017.10.26 いつもの道をリアルト方面に向かいます。

画像


楽しいウィンドゥを覗きながら。

年末が近づいてすでにクリスマス製品が並んでいます。

画像




画像


今までもあったのか新しくできたお店なのかトリフ製品です。

画像


定番のカーニヴァル仮面屋さん、このお値段は観光客用の海外で作られたものでしょうね。

画像


カラフルなパスタの数々。
ガチョウの口の様なものも(^^;)

画像


以前このイタリア国旗カラーのを買ったけれど湯がいたら色が薄くなってしまいガッカリ!

画像


リアルト橋まで来ました。
向こう岸の建物一番左の赤いテントのホテルに2011年年末泊ったけれどやっぱりた高かったから今の定宿が見つかって良かった♪

画像


タクシーボートですね。

画像


目当ての「エノテカ・アル・ヴォルト」に着きました。

画像


お料理を注文するお客は奥の部屋、出来合いを選ぶだけのお客は入口の部屋か外になります。
お昼でも飲むのはスプリッツ。

画像


串団子の様なのは何の揚げ物だったのか・・・
ヴェネチア名物のドーム型サンドイッチが美味しかった~~~

画像


ショーウィンドゥから選んだのはイカ・タラ・ナスです。
欲しいものを欲しいだけ選べるのが気に入っています♪
他にもいろいろあるけれど量を食べられないのが悔しい!

画像


あちこちのお店で見かけたイタリアンカラーバッグ。
いくらイタリア好きでもこれは持たないな(;'∀')

画像


この時も乗らなかったゴンドラ。

画像


何人いるのかな(^^;)

画像


写真ではないですよね???
今となっては分からない・・・

画像


面白いガラスのオブジェ。

画像


街歩きはまだ続きます。

この記事へのコメント

まみる
2018年12月01日 18:56
>いくらイタリア好きでもこれは持たないな(;'∀')

あはは~確かにね、これはちょっと恥ずかしい。
もっと軽い、エコバッグみたいなものだったら持つかも。

何度訪れてもベネツィアは魅力的なのでしょうね。
Keiko
2018年12月01日 23:23
恋い焦がれた街を歩くのって嬉しいよね。
私も30年前はローマがそうだった。^^

スプリッツっていうの?スピリッツじゃないのね?
とにかく甘口じゃない?
料理にも合うの?
Yuko
2018年12月02日 11:31
まみるさんもそう思うでしょう(^^ゞ
そうね、トートバッグなら持てるね。

はい!あの迷路を我が物顔で歩くのが楽しいの♪
それでも迷うのがヴェネチアなのよね~~~
Yuko
2018年12月02日 11:50
Keikoさんがローマを闊歩する姿目に浮かぶわ。
イタリアーニたちの心を捉えたのでしょう!

スプリッツ、私もスピリッツ??って思って調べたらスプリッツだった(^^ゞ
アペロールを使っているので甘すぎず食事にも合います。
私にはだけれど^^
青花
2018年12月06日 16:23
やっぱりヴェネチアって、いいよね~❤
何度でも行きたいわ。
でも、あまりにツーリストが増えて、どこも人だらけ><

素敵な街だから仕方が無いけど、テロの面でも比較的安心だからかな?倍増どころか、10倍以上じゃないかな。
Yuko
2018年12月06日 16:48
青花さん、本当に人の多さには疲れます。
ローマのスペイン広場やトレビの泉も人が多くて行かないけれどヴェネチアのリアルトの市場は混んでても行きたいのよね(^^;)
ヴェネチアに住む人たちは困っているみたいね。
普通の生活が出来なくなるんじゃないかしらと心配です。
青花
2018年12月07日 09:02
>普通の生活が出来なくなるんじゃないかしらと心配です。

そうね、世界のあちらこちらでオーバーツーリズムが問題になっているようですね。
Yuko
2018年12月07日 10:23
青花さん、日本でも盛んに海外からの観光客を誘致しているけれど3~4年前一緒に行った嵯峨野の凄さで京都への興味が薄れました。
道路が人で埋まって道が見えなかったものね。

ヴェネチアは大型客船が来るようになってからあんなに凄い事になったそうです。
憧れの大型客船だけれど問題もあるのね。
青花
2018年12月07日 13:57
そういえば、大型客船が1、2隻停泊していました。
ホテルに泊まらず、観光して去っていくのでしょうね。

それとね、フィレンチェでも感じたことだけど、観光客もお店の従業員さんもイタリア国外の人が増えていました。日本でもアジアの国の人たちの従業員さんが増えていますね。色々変化を感じます。
Yuko
2018年12月07日 15:23
ホントホント!
イタリアでも日本でも外国の人の店員が多いよね。
これ以上外国の人を増やそうという政府の考えは???だけれど業種によって人手不足なのでしょうね。
イタリアの若者の就職難をよく聞くので何故そんなに外国人を?と思ってしまいます。

この記事へのトラックバック