国立博物館と和食屋さん

2019.5.9   

チョット怪しい雲行きの中、出かけます。
テルミニ駅正面を出て右側二本目のマジェンタ通りです。

IMG_0001.JPG

前日ジョゼッピーナさんに勧められた国立博物館に到着。
何故か???入場料を取られない???
この日が何かの記念日なのか、それとも私がシニアということが分かってなのか・・・

今回はかなりの数の写真ですので宜しかったらじっくり見てください。

まずは入口にあったモザイクに感動!かなりの大きさです。

IMG_0002.JPG

大理石でしょうか?

IMG_0003.JPG

中庭です。

IMG_0005.JPG

2階にあった彫刻。

IMG_0006.JPG

3階はモザイクの数々。

IMG_0010.JPG



IMG_0013.JPG



IMG_0014.JPG

怖~~い図柄。

IMG_0015.JPG



IMG_0016.JPG

細かい細工にため息が出ます。

IMG_0017.JPG



IMG_0018.JPG



IMG_0019.JPG



IMG_0020.JPG



IMG_0021.JPG



IMG_0022.JPG

何に驚いているのかしら(^o^;

IMG_0023.JPG



IMG_0024.JPG



IMG_0025.JPG



IMG_0026.JPG

これはフレスコ画ですね。

IMG_0027.JPG

ここからまたモザイク画。

IMG_0028.JPG



IMG_0029.JPG



IMG_0030.JPG



IMG_0031.JPG

2階に降りて再度彫刻を。
初代ローマ皇帝アウグストゥスの妻リウィアかな・・・かな

IMG_0035.JPG



IMG_0036.JPG

この真四角のものは自然の大理石をそのまま使ったものでしょうか!
こんなに混ざりあった大理石はないのかな???

IMG_0037.JPG

芸術品をお腹いっぱい見て駅前からバスに乗りアルジェンティーナへ。

IMG_0039.JPG

ニャンズ楽園の遺跡。

IMG_0040.JPG

お昼は何を食べたのか???

ホテルに戻り夕方Keikoさんが迎えに来てくれるまで狭いロビーで待たせてもらいます。
旅の後半で疲れが出ているので歩きまわる元気はありません。

ソファーに腰掛けているとオーナー夫人が部屋で休んでいいとシングル部屋のベッドを使わせてくれました!
よっぽど疲れて見えたのでしょうね。
感謝感謝です!

Keikoさんが迎えに来てくれてPaoloさんと合流です。

ご夫妻と息子の陽介くんが幼い頃ベビーシッターをしていた女性と4人で和食屋さんへ。
このお店の名前が「おかあさん」だって(笑)
今はイギリス(たぶん)に住んでいるその女性と1~2年前facebookで繋がりができて20年ぶりぐらいで再会したそうです。

昔々の「君の名は」と言うドラマ、待ち合わせですれ違い波乱の人生を歩む。
現在だったら世界中の人達とつながることが出来る!すごい時代ですね~~~

顔なじみのお店なので奥まった落ち着いた席を用意してくれていました。

出てきたお料理をデジカメで撮っていたら「今どき何故デジケメ?」てPaoloさんに笑われてしまいました(;´∀`)
今はスマホでしょうと言うPaoloさんと、でも~~と私。

IMG_0044.JPG

和食と言っても蒸し餃子もあり。

IMG_0045.JPG

ごめんなさい同行女性と今は私はfacebookでつながっているのにこのお名前が読めない(-_-;)
Katarzyna Olejniczek-Grzybowska
仮にカタリューナさんと呼ばせていただきます。
Keikoさん本当は何?
彼女がラーメンをたべたことがないと言うので早速これを。
お箸をなんとか使って召し上がりました^^;

IMG_0046.JPG

これは私のオーダー「豚バラ肉の角煮」
トロトロで美味しかった~~~
でもキャベツでなくカイワレのほうが見た目が良いよね。
タレに付けたキャベツは美味しかったので結果オーライです^^

IMG_0047.JPG

お刺身がど~~んと。美味しい!
サーモンがメインですがマグロも美味しかった。
左のお花の形はワサビです。さすがオシャレなイタリア!

IMG_0048.JPG

次は握り寿司。
これも海外とは思えない美味しさ♪
それぞれが食べたいものを注文しました。
私はアナゴ、バラ肉といいアブラ系が好きなんです。

IMG_0049.JPG

Keikoさんとカタリューナさん。

IMG_0050.JPG

ローマで本格和食という贅沢をさせて頂きPaoloさんありがとうございました。

ここからセーにまで約60km Keikoさんの運転でこれもセーニの定宿「ラ パーチェ」に着いたのは夜中の12時近く。

旧市街を見下ろすバルコニー付きのお部屋を用意してくれました。

IMG_0051.JPG



IMG_0052.JPG

翌日は一日Keikoさんに遊んでもらいます♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

まみる
2019年11月08日 21:42
博物館だから?写真OKなのね。
美術館は100%ダメでしょ?
いつも悔しく思ってた。

このお店、Keikoさんのブログでも出てきたね。
エセ和食じゃない感じね。
ラーメンも今や和食になってるし~
ラーメンを目的に来日する人多いと聞くわ。

Keikoさんにあそんでもらってね~^m^
Yuko
2019年11月08日 22:27
そうよね、まみるさん!
美術館や教会は撮影NGが多いものね。
とてもすいててゆっくり見られました。
教会のモザイクは暗くて見にくい所があるけどここは見やすかったです。
テルミニ駅のすぐ近くだしお勧めです(^^ゞ

3週間後の今頃はヴェネチアを楽しんでいます♪
Keiko
2019年11月09日 16:29
モザイクが2つ一緒に写ってるのがあるでしょ?
下のモザイクの立体感素晴らしいと思わない?
あそこまで進んでいた技術が中世1000年の間に忘れ去られていたんだから驚くよね。

彼女の名はカタザイナ、でもこちらではカティアと呼んでいました。
だからこれからはカティアでOKよ。
彼女はアイルランドに住んでる。いや、アイスランドだったかな?(笑)
美味しかったねー、そして楽しかったね。
青花
2019年11月11日 14:19
Yukoさん
和食レストラン、いい感じね。
旅も終盤、Keikoさんたちと会ってホッとするね。
ラ パーチェでパオラさんと再会だね。
Yuko
2019年11月11日 14:52
あら~~~Keikoさん、コメントの返信スマホから書いたのに消えてる???

はい、あのモザイク私も現代の物かしらと思うほどビックリしました。
AIなど素晴らしい発展はあるけれど昔の方が凄かったことがいっぱいあるのね。

カティアさんね!
彼女とは現在facebookでつながっていて私のたまの投稿に「いいね」してくれています♪
Yuko
2019年11月11日 14:57
青花さん、大満足の和食をPaoloさんにご馳走して頂きました♪
Keikoさんとはもう親戚同様なので甘えっぱなしです(;'∀')

パーチェのパオラさんともお会いしました。
初めて行った時小さかった息子さんがもう高校生!
あれっ、もしかしたらあの息子さんは妹さんのかな?
hitomi
2019年11月14日 21:11
素晴らしいモザイクの数々
本物をみたいわぁ~~~~

Yuko
2019年11月14日 21:57
Hitomiさん、芸術に疎い私でも感動しました。
あんな便利な場所なのにジョゼッピーナさんに勧められなければ行くことはなかったと思います。
教会の中にあるのとは違いますが十分楽しめました。