viva!italia!

アクセスカウンタ

zoom RSS ヴェネチア島めぐり

<<   作成日時 : 2018/07/06 10:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2018.5.23   ホテルの簡単朝食を8時に済ませました。

画像


9時に宿を出てフォンダメンテ・ノーヴェ船着き場に向かいます。

途中の八百屋さん。

画像


商品の出し入れが大変そう〜〜

画像


9時半本島を後にします。

画像


すぐ向かいのお墓の島サン・ミケーレ。

画像


ブラーノ島でヴァポレットを乗り換えてトルッチェッロ島到着。

画像


運河沿いの野草。

画像


いつも友人の写真を撮るばかりで自分では登った事がない手すりのない「悪魔の橋」

画像


この島の数少ないお休みどころ。

画像


ジャスミンと・・・

画像


ここはホテルだったかな。

画像




画像


今回はアッスンタ教会ではなくサンタ・フォスカ教会に入ります。

画像




画像




画像




画像


アッスンタ教会奥の運河に大きなクラゲが!

画像


船着き場目指して運河沿いを戻ります。

画像


ザクロの木だったかな。

画像


ブラーノ島に戻りいつもの「トラットリア・プリモ」で昼食。

画像


アンティパストはパスしてプリモにイカ墨リゾット。
マスターが量を調整してくれて2人前を3人に分けてくれました。

画像


セコンドは定番シーフードフリット。

画像


姉妹のドルチェ。

画像


私はサッパリとソルベットのリモンチェッロかけ。

画像


食後いつもお邪魔するAnnaさんの所に伺おうと通りを歩いていたら当のAnnaさんにバッタリ!
これから病院へ行くということで立ち話でお別れしました。

この後はムラーノ島の宜子さんのお店でお買い物をして本島のCOOPで飲み物と果物を買って宿に戻り休憩。

前夜夜中に寒くて目が覚めた私はどうやら風邪を引いてしまったようで咳が止まらない。
夕飯に出る元気もなく姉妹だけで行ってもらい暖かくして寝ました。

翌日は友人のYさんが到着するので元気で迎えなくてはなりません!
ガンバ!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ヴェネチア
夢見るように いろいろ思い出します

ずいぶん時が流れました
変わらずに存在する美しい島に たぶん 生涯行けることは無いでしょうけれど こうしてYukoさんの旅行記読みながら タイムスリップできるのが 幸せです
hitomi
2018/07/06 16:19
Hitomiさんありがとう♪
イタリア好き仲間でもこんなに同じ所ばかり行く人は珍しく不思議がられています。
何故かしらね〜〜〜

>たぶん 生涯行けることは無いでしょうけれど
良かった!「たぶん」で「絶対」じゃないからね(^^;
ポジティブなYukoです^^
Yuko
2018/07/06 17:03
トルッチェッロ島は別世界の感じがあるよね。
あまり観光化されてないからかな?

プリモまた行けるでしょうか?
hitomiさんと同じく「たぶん」行けることはないかな…と思ってるけど、奇跡はおこるかも、よね〜
hitomiさんにも奇跡が起きますように。

どうしたのでしょうね、雨にもあたってないのに。
疲れかな?
4人相部屋で気を遣ったかな?
気力で(笑)回復できたでしょうか…
まみる
2018/07/06 19:34
そうよ!まみるさんもHitomiさんも必ず行けると信じていれば夢はかなうのよ!!!

風邪はね、前の晩私のシングルベッドはシーツみたいな布とベッドカバーだけだったの。
そう言う事よくあるから部屋が暖かいのだろうと思って寝たのよね。
夜中に寒くて目が覚めて重ね着して寝ました。
翌朝隣のベッドを見ると間に毛布があった!
寒いはずよね(-_-;)
それで咳が止まらなくなったの。
他の症状はなかったから良かったけれど咳は周りに迷惑かけるから困るのよね。
Yuko
2018/07/06 20:19
サンタ・フォスカ教会に我々がワイワイと行った時にははいれなかったんだっけ?
イル・プリモノPaoloさんはお元気でしたか?
Keiko
2018/07/08 00:31
Keikoさんあの時はプリモでゆっくりし過ぎてどっちの教会も入れず美しい夕陽だけが印象に残っています。

Paoloさんあれから10年変わらぬ笑顔で迎えてくれますがヘアースタイルだけが年を取っています(^^ゞ
Yuko
2018/07/08 00:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヴェネチア島めぐり viva!italia!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる